ブログを見ていただきありがとうございます。

 

家を建てよう,任い茲い莊戚鵑泙能颪ましたので今回はその続き、契約からの流れをお送りしたいと思います。

 

見積りと図面がガッチリ一致し、これで行きましょうとなれば契約です。

 

契約とは何をするのか?

 

まず工事請負契約書というものを作成します。

 

これは発注者(お客様)と請負者(我々)が誰なのか?

どんな工事をするのか?(新築なら○○邸新築工事とか)

工事場所、工期、引渡しの時期。

請負代金や支払い方法等を記載した書類を作って、請負業者とお客様が契約を結びましたよという証にするのです。

 

まぁコレはウチが作るので大丈夫です。

 

作成した書類に目を通してもらい間違いなければ先へ進みます。

 

契約とはまず請負契約書を作ると先程書きましたが、これで契約終了でございます。

 

じゃあまずとか書くなや(# ゚Д゚)

工事契約の様子(使いまわし) 

 

さあ!ここまで来れば我々はもう楽しくってしょうがない状態です。

 

お客様はこれから決めることが色々あって大変でしょう。

 

しかしここは楽しまないとイケマセン。

 

上棟まで時間があるので決めていくことを順を追って我々もサポートします。

 

では次はいよいよ工事へと進みたいと思います。

 

(^^)/

関連する記事
コメント
コメントする