一定期間更新がないため広告を表示しています

ブログを読んで頂いてありがとうございます。
 
さて今回はワタクシが体験した恐ろしい話をしてみたいと思います。
 
心臓の弱い方はご遠慮いただくか、マナーモードにしてお楽しみ下さい(??)
 
あれはまだ暑い8月お盆明けの夕暮れ時のことです。
そんな中我が家に帰ってみると嫁が困った顔でこちらに向かってきます。
 

うわぁぁぁ!コエ〜(違う!ここじゃない!)
 
嫁「ちょっとベランダ見てみて」
行ってみると
魚の餌のような黒い物体がコロコロと数十個散らばっています。



 

嫁「これ何だかわかる?」

 

私「あ〜、これはコウモリの糞だな」


嫁「ええっ!コウモリ!!


私「そうだ。英語で言うとアンブレラだ!


なぜ英語で言う?しかも違う!


そんなアホな会話はさておき、我々のマイホームにコウモリさんが無断宿泊するようになっていました。
我が家は北と南にベランダがあります。


因みにベランダとバルコニーの違いは屋根があるかどうか。
屋根が付いていればベランダです。


あと1階から突き出して作った床なんかはテラスと呼ばれます。
 
北側に糞が落ちていたので南側も見てみると案の定南側もゴロゴロ転がっています。


コウモリは住処に入るときにプリッとやらかすと聞いたことがあったので糞の落ちている真上を眺めてみました。


コウモリは1、2センチ程の隙間があれば入ってしまいますが侵入しそうな隙間はありません。


とりあえず屋根瓦の隙間や軒天など隙間らしいところにコウモリ忌避スプレー剤を吹き付けましが効果なし。


稲川「おかし〜なぁ〜、なんだろなぁ〜」と悩んでいたトコロ、我が家を見た前社長が「ベランダ手すりの笠木がアヤシイ」と一言。
あぁ確かに1センチ程の隙間がある。



 

そこに忌避剤をプシューっとやると効果テキメン!
中でゴソゴソと動いている音がするではありませんか。


テーメェそこに居たのかと追い打ちのスプレー攻撃!


笠木は外側が1センチ、内側が5ミリほど空いているので、内側からスプれば外側に逃げていくと思われました。


しかし!

ここからは恐怖の3コマまんがをご覧いただこう(恐怖映像ナレーター風に)。
 

     


     


なんでこっちから出で来るんですかー!
 
ずりずりと隙間から出てくる様はまるでテレビから出てくる貞子。
あまりの恐ろしさに普段出したことの無い声を出してしまいました。
 

あぁ、おっかねー。
 
コウモリは蚊や羽アリなどの害虫を食べてくれる益獣とも言われていますが、糞は病気の原因となるようなので、そこさえなんとかしてくれればカワイイ動物?なんでしょうけど。
笠木の隙間はバックアップ材とコーキングで埋めたいと思います。
 
ではまた(^^)/

 

関連する記事
コメント
コメントする